Join me now:

TAKENORI MIYAMOTO / Portfolio

TAKENORI MIYAMOTO メニュー

ABOUT

宮本武典 / TAKENORI MIYAMOTO

ポートレート撮影:志鎌康平

宮本武典 / TAKENORI MIYAMOTO

キュレーター。1974年奈良県奈良市生まれ。武蔵野美術大学大学院で絵画を学び、海外子女教育振興財団(泰日協会学校/bangkok, Thailand)、武蔵野美術大学パリ賞受賞により渡仏(Cité Internationale des Arts, Paris)、原美術館学芸部アシスタントを経て、2005年に東北芸術工科大学(山形市)へ。2019年3月まで同大学教授・主任学芸員を務める。
展覧会やアートフェスのキュレーションの他、地域振興や社会貢献のためのCSRや教育プログラム、出版活動などをプロデュース。企業やNPO、行政と公共施設、教育機関のパートナーとして、クリエイターと地域資源・ものづくりの技術・伝統文化とのコラボレーションを推進している。
東北芸術工科大学在職中に「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」を、絵本作家の荒井良二とともに創設。国の重要文化財 文翔館を会場に〈山の3部作/2014-2016-2018〉をディレクションし、18万人を動員した。東日本大震災発生後は東北復興支援機構(TRSO)ディレクターとして、石巻市や南相馬市でアーティストやデザイナーによる支援プロジェクトを牽引(2011~2017)。その他、山形では建築家・馬場正尊らのエリア・リノベーションに参加し、アート複合ビル「とんがりビル」の企画展をキュレーションした(2015~2018)。東根市公益文化施設「まなびあテラス」芸術監督(2016~)、クリエイティブ集団akaoniとのユニット「kanabou」名義のアートディレクターとしても活動中。
国内外を巡回した主な展覧会として「石川直樹/異人 the stranger」、「向井山朋子/夜想曲 Nocturne」、「WOW/ハレとケ」、「CHO DUCK HYUN/Flashback」などがある他、市民参加型のブックプロジェクトも多数手がける。主な取り組みとして『東北未来絵本 あのとき あれから それから それから』荒井良二+山形新聞社(第32回新聞広告賞新聞社企画部門最高賞受賞)、『山のヨーナ/Picture Book & Original Soundtrack』荒井良二+akaoni、『みちのおくノート』山形ビエンナーレ2014記録集、『ブックトープ山形』ナカムラクニオ、『あっちの耳、こっちの目』ミロコマチコ、『ひとり歩きの山形建築ガイド』森岡督行、『東京影絵/Tokyo shadow puppet theater』川村亘平斎、『POSTじゃあにぃ』荒井良二+ミロコマチコ+spoken words projectなど。
2018年よりおよそ2年をかけて、パートナーの故郷・群馬県の桐生新町重要伝統的建造物群保存地区にある築55年の家屋をリノベーションし、2019年4月に家族とともに移住。角川文化振興財団クリエイティブディレクターとして「角川武蔵野ミュージアム」(埼玉県所沢市/隈研吾氏設計)の開館準備に参加し、竣工記念展「隈研吾/石と木の超建築」をキュレーションする。2021年より国際芸術祭「東京ビエンナーレ2020-2021」コミュニケーションディレクター、東京藝術大学テクニカルインストラクター。

CONTACT

宮本武典 / TAKENORI MIYAMOTO

miyamoto@kanabou.com

Twitter(@miyamototo)
facebook
instagram

Photo: Kohei Shikama

Photo: Kohei Shikama

NOTE

「#今日なに描く?」宮本家のステイホーム60日/60枚

2020年の3月に入ってすぐ、新型コロナウイルスの感染拡大で、1ヶ月間の休校が決定しました。自粛期間中は外にも出られないし、ユイコ(中2)とキワ(小6)がたいくつそうなので、子ども部屋のドアにA4用紙2枚の「お父さんからの出題」をはり出しました。30個のマス目に、それぞれちがう絵や詩をつくる「お題」が大喜利的に書いてあって、毎日1つ選んでやってみるというデイリー・ワークショップです。その3日くらい前に急に思いついて、仕事帰りに北千住駅前の東急ハンズによって、小さなスケッチブックとか、ちょっといいカラーペンのセットを買っておいたのです。
出題文は、深夜のデニーズで考えました。彼女たちがもっと小さくて、ぼくのことを「とと」と呼んでいたころは、一緒にたくさんお話をつくったり、絵を描いたりしたものです。すっかり成長して、思春期まっただなかで、吹奏楽やバスケットボールに夢中になっているふたりを思いうかべながら、1ヶ月分・30問をつくりました。片思いではあるけど、そんな父と娘たちの時間は久しぶりで、深夜のデニーズでぼくはずっとニヤニヤしてたと思います。

休校期間はさらにのびて、結局2ヶ月になったので、ぼくからの出題は60問までふえました。POSTじゃあにぃ』でみなさんにシェアするのは、そこから宮本家の家族会議(ぼく+妻+ユイコ)で選抜した30問です。うちの姉妹を想定してつくったから、そのままだと他の家庭では使えないと思ったので、ちょっと改編しました。それでも「宮本家っぽい」出題になっているかと思いますが、よろしければトライしてみてください。
https://takenorimiyamoto.jp/?p=1767&preview=true
今回はスクラッチシートですが、宮本家では毎日、朝食のあとに食卓で紙片を折りたたんだ「くじ」を引かせて、その日のお題を決めていました。すぐさまノリノリで描きはじめる日もあれば、夕方まで「沼って」しまうお題も、当然ありました。でもこれは正解のないゲームですから、絵の「ウマイ/ヘタ」は重要ではなくて、スマホをいじっているだけであっという間に過ぎてしまう1日のなかに、3つの時間=【空想・想像をめぐらす時間】、【制作に集中する時間】、【自己表現するたのしさ(と難しさ)を感じる時間】をつくれたら、それでOKです。ともかく「やってみたい!」→「やってみたよ!」→「いいじゃん!」の流れがつくれたら、しめたものです。

そのために大事なこと。このデイリー・ワークショップの最大のポイントは、毎日まいにち、子どもたちがつくってくれる小さな作品を、大人たちがちゃんと「即日展示」して、みんなで観て感想を伝えあう時間を、家庭のなかにつくることなんです。つまりこれは、「家のなかのアート展」であり、「親と子のコミュニケーション・プロジェクト」なんですね。
うちのダイニングからはもう外してしまったけど、ていねいにファイリングして、子ども部屋の本棚にぴっちり保管してあります。ユイコもキワも、学校が再開したらもう関心ないみたいで(笑)、そのファイルがひらかれることはほとんどないですよ、もちろん。彼女たちはすごいスピードで先へ先へと、子ども時代を駆け抜けているので。
でも、ふたりが大人になったとき、コロナ禍でのステイホーム60日/60枚が、何かのときにフッと甦ってくることを信じて、お題にはアフターコロナを生きていく子どもたちに、ぼくから伝えたいことを(それとは悟られないレベルで)「うっすらと」しのばせています。
けれどもまぁ、とくに役立たなかったとしても、娘たちと思い出をつくれただけでぼくは充分です。今までぼくが手掛けた展覧会のなかで(ある意味)最高の企画です。

最後に。家のなかでプライベートにたのしんでいたこの企画をSNSに投稿したところ、けっこう反響がありました。友人・知人だけでなく、学校の先生たちからもたくさんリクエストをいただき、出題文をシェアしました。その後も、自粛期間あけに再会したいろんな人から「あれは素敵なアイデアだったよね」「また見せてよ」との声をいただき、深夜のデニーズで考えた娘たちのための30問が、今回この『POSTじゃあにぃ』がはじまるきっかけにもなりました。
荒井さんやミロコさんにまじって、裏方のぼくが「ジャーニー宮本(命名は荒井さん)」だとか、こんなちょっとしたアイデアを「作品ふう」に出すのは恥ずかしく、おこがましいですが、akaoniの小板橋さんが素敵にデザインしてくださったので、みなさんに贈ります。このシートをつかって、たくさん描いて、語りあって、コロナで世の中が止まったって駆けぬけていく小さな人たちとのステイホームを、愛しんでいただけたら幸いです。
あと、これは大人がやってもおもしろいと思いますよ(たぶん)。出勤前にスクラッチして、休憩や待ち時間、家事の合間とかに、手帳のはじにちょこちょこっと描くとか、どうでしょう。「#今日なに描く?」のハッシュタグで投稿してもらえたら、ぼくから感想をコメントしますね。

2020年11月11日
ジャーニー宮本(こと宮本武典より)