Join me now:

TAKENORI MIYAMOTO / Portfolio

TAKENORI MIYAMOTO メニュー

ABOUT

宮本武典 / TAKENORI MIYAMOTO

ポートレート撮影:志鎌康平

宮本武典 / TAKENORI MIYAMOTO

キュレーター。1974年奈良県奈良市生まれ。武蔵野美術大学大学院で絵画を学び、海外子女教育振興財団(泰日協会学校/bangkok, Thailand)、武蔵野美術大学パリ賞受賞により渡仏(Cité Internationale des Arts, Paris)、原美術館学芸部アシスタントを経て、2005年に東北芸術工科大学(山形市)へ。2019年3月まで同大学教授・主任学芸員を務める。
展覧会やアートフェスのキュレーションの他、地域振興や社会貢献のためのCSRや教育プログラム、出版活動などをプロデュース。企業やNPO、行政と公共施設、教育機関のパートナーとして、クリエイターと地域資源・ものづくりの技術・伝統文化とのコラボレーションを推進している。
東北芸術工科大学在職中に「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」を、絵本作家の荒井良二とともに創設。国の重要文化財 文翔館を会場に〈山の3部作/2014-2016-2018〉をディレクションし、18万人を動員した。東日本大震災発生後は東北復興支援機構(TRSO)ディレクターとして、石巻市や南相馬市でアーティストやデザイナーによる支援プロジェクトを牽引(2011~2017)。その他、山形では建築家・馬場正尊らのエリア・リノベーションに参加し、アート複合ビル「とんがりビル」の企画展をキュレーションした(2015~2018)。東根市公益文化施設「まなびあテラス」芸術監督(2016~)、クリエイティブ集団akaoniとのユニット「kanabou」名義のアートディレクターとしても活動中。
国内外を巡回した主な展覧会として「石川直樹/異人 the stranger」、「向井山朋子/夜想曲 Nocturne」、「WOW/ハレとケ」、「CHO DUCK HYUN/Flashback」などがある他、荒井良二、ミロコマチコ、ナカムラクニオ、森岡督行らと、市民参加型のブックプロジェクトも多数手がける。主な取り組みとして『東北未来絵本 あのとき あれから それから それから』荒井良二+山形新聞社、『山のヨーナ/Picture Book & Original Soundtrack』荒井良二+akaoni、『みちのおくノート』山形ビエンナーレ2014記録集、『ブックトープ山形』ナカムラクニオ、『あっちの耳、こっちの目』ミロコマチコなど。
2018年よりおよそ2年をかけ、パートナーの故郷・群馬県の桐生新町重要伝統的建造物群保存地区にある築55年の家屋をリノベーションし、完成後の2019年4月に家族とともに本格移住。現在は、北関東・首都圏・東北を移動しながら、角川文化振興財団クリエイティブディレクターとして、角川武蔵野ミュージアム竣工記念展「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生」を隈研吾建築都市設計事務所とともに計画・準備中。その他、東京ビエンナーレ2020-2021参加プロジェクト「東京影絵クラブ」の出版と公演、映画監督・小田香の展覧会などが控えている。

CONTACT

宮本武典 / TAKENORI MIYAMOTO

miyamoto@kanabou.com

Twitter(@miyamototo)
facebook
instagram

Photo: Kohei Shikama

Photo: Kohei Shikama

NOTE

『illustration 特集 荒井良二 ミロコマチコ』によせて

「荒井良二の山形じゃあにぃ2010」から、「山形ビエンナーレ2018」までの8年間、荒井さんの故郷山形で、一緒に芸術祭をつくってきました。
その間に東日本大震災が起こりました。津波や原発で破壊された町を、共にめぐった日々のことを話すと、今だ二人とも、眼に涙が滲んできてしまいます。
3.11後の作品、『あさになったので まどをあけますよ』、『なんていいんだ ぼくのせかい』、『はじまりゲンシくん』、『イノチダモン』、『きょうは そらに まるいつき』、そして『山のヨーナ』…これらの物語の背景にある、現実の、傷ついた東北の風景を僕は知っています。
でもシャイな荒井さんは、簡単に言葉を選ばない。いつも、どう伝えたらいいのか逡巡している。(優しいから)寄り道して、遠回りして、その過程が絵本という旅になっていく。
僕の中で荒井良二は、朝焼けの光に染まった風景画のなかで、悩みながらバスを待っている人。気がつけば僕も隣で、黄色いバスを待っていました。

『illustration 特集 荒井良二 ミロコマチコ』(玄光社)より転載