Join me now:

TAKENORI MIYAMOTO / Portfolio

TAKENORI MIYAMOTO メニュー

街とアートのマルチプレイ

文化庁大学における文化芸術推進事業
「街とアートのマルチプレイ 2019」

2019年11月16日[土]
トラフ建築設計事務所「YAMA CUP 2019」/gura

2020年2月6日[木]→11日[火]
風景をかえるデザイン展/とんがりビル

2020年2月4日[火]→2月15日[土]
『山形建築ガイド』出版報告展/山形県立図書館

プログラムディレクション

「街とアートのマルチプレイ」は、東北芸術工科大学が文化庁の助成を受けて実施する、地域振興を担うクリエイティブ人材を、地域社会と連携して育成するアートマネジメントプログラム。2019年度プログラムでは、対象地を〈みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ〉開催エリアとし、2014年より同芸術祭に継続参加する3組のクリエイターを講師として招聘。建築、スポーツ、ファッションと、生活に身近な3つのテーマから、下記A.B.Cの共同制作をおこない、その成果発表としてイベント・展覧会・出版を展開した。

ウェブサイト = https://multiplay.tuad.ac.jp/?fbclid=IwAR0MAOqrBcRwt0rRQV5Recxw8Efuf5xkzBsr4TK9DcO24XmafLReWw_Uups

|プログラムA|
ファッションブランド〈spoken words project〉デザイナー飛田正浩氏と三橋菜穂子氏は、一般公募した17名の女性と、現代社会の生きづらさや閉塞感を表した文章をテキスタイル化し、プラカードのように「主張を着る」ワンピース〈spoken word〉を発表。

|プログラムB|
鈴野浩一氏と禿真哉氏による建築ユニット〈トラフ建築設計事務所〉は、東京五輪2020へのカウンターとして、空洞化が進む地方都市の空き地をDIYのローカルスポーツで活性化する社会実験「山カップ 2019」を、地元デザイナーや学生らと提案。2019年11月16日に第一回大会を、フットサルクラブ運営および青少年の自立支援をおこなうNPOと連携して開催した。

|プログラムC|
森岡書店の森岡督行氏は、山形県内に点在する近現代建築を15名の市民ライターと共同で取材・執筆し、『ひとり歩きの山形建築ガイド』にまとめ、国宝の羽黒山五重塔だけでなく、坂茂氏設計〈スイデンテラス〉など、近現代建築もふくめた名建築をめぐるカルチュアル・ツーリズムを提唱した。

3プログラムとも企画立案から制作・発表までを、OJT(オンザジョブトレーニング)形式で実施し、狭義な意味での地域+アートの手法・発想にとらわれることなく、多様な街づくり活動に参照できる経験知の醸成を心がけた。今後も市街地再生に取り組む事業所や店舗オーナー、県の教育委員会等と綿密に連携しながら、山形ビエンナーレ開催エリアにおけるアートマネジメント人材育成と、市街地の賑わいの創出に双方向で取り組んでいく。

MOVIE  https://vimeo.com/400877299

アーティスト:spoken words project、トラフ建築設計事務所、森岡督行
プログラムディレクター:宮本武典
プロジェクトメンバー:安部静香、石川由美、井上尚里、今井和夫、江口もも子、大場智子、金森由紀、鎌田美乃里、菅原桃佳、中村紀子、長谷川尚志、畑山優希、丸岡実桜、宮本明日香、森本華菜、金綱志保、荒井優希、大沢明日香、濱野穂奈美、久保明子、北島春乃、笠松美月、宮川幸子、渡部いづみ、村越ほのか、舘山朋香、山浦有葵、鈴木彩乃、遠渡凜、大澤ゆかり、菊池芙生子、鈴木淑子、菅野貴央、石垣勇磨、市道野愛、上野理絵、江沼美佑紀、大友遥名、児玉佳奈美、佐藤亨、篠原朋香、庄司桃子、關越河、増山ゆい、松川遥菜、宮田瞳(順不同)
デザインサポート:akaoni、gattahouse、UMEKI DESIGN STUDIO
撮影:志鎌康平、岩崎孝正、根岸功、三浦晴子
協力:山形県教育委員会、山形県立図書館、gura、株式会社シェルター、和合亮一、山岸清之進、馬場正尊、NPO法人プチユナイテッドアスリートクラブ
助成:2019年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業、福武財団2019年度アートによる地域振興助成
主催:東北芸術工科大学