Join me now:

TAKENORI MIYAMOTO / Portfolio

TAKENORI MIYAMOTO メニュー

ゆらぎのレシピ

山フーズの「ゆらぎのレシピ」展

2018年2月8日[木]→18日[日]
とんがりビル SUANA & nitaki

プロデュース/キュレーション

「〈食べもの〉だったものたちが、生きている、ところを目の当たりにすることになる。土から、ぬっと頭を突き出してくる、その得体の知れぬエネルギーに足下がぐらりゆらぐ。そういうことは、分かっていたつもりだった、知っているはずだったのに、圧倒的ななにかが身体の中で呼応している。」

「山フーズ」の小桧山聡子が、山形と秋田の境にある小さな町・最上郡真室川町の伝承野菜農家「森の家」を拠点に、初夏から晩秋にかけて、狩猟や採集、屠殺の現場を取材。本展「ゆらぎのレシピ」では、そのときの、彼女自身の価値観の「ゆらぎ」をテーマに制作した4皿のレシピを、写真・映像・テキストで再編集した。真室川での山フーズの活動は現在も継続中で、完成形のフルコースは山形ビエンナーレ2018(2018.09.01-09.24)で発表される。
主催:東北芸術工科大学
/助成:平成29年度文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業(市プロジェクト2017)/写真と映像:志鎌康平/食材コーディネート:森の家/グラフィック:梅木駿佑